婦人

肝斑は治療可能|最先端の技術に委ねよう!

くまができやすくなる原因

整形

目の下のクマが強調される要因として、疲れやストレス、さらにはその部位の肌のたるみが挙げられます。こうした症状を確実に、そして短期間で改善していくためにはヒアルロン酸注射などの美容整形がオススメです。確実に美容成分を患部に浸透させることが出来ますし、早いものであれば即日でその効果を実感できます。

もっと読む

ほくろを除去する方法

鏡を見る女の人

顔のほくろは個性でもありますが、目立ちすぎるほくろは除去することもできます。皮膚科や美容外科で行うほくろ除去がメジャーです。大きさや立体的かどうかによって、レーザー、電気メス、メス切除縫合などの方法があります。

もっと読む

ワキガが気にならなくなる

女性の脇

ミラドライはマイクロ波を脇の下に照射するだけで汗腺の働きを止めることができるので、簡単にワキガの治療ができます。入院する必要がなく体に傷も残りません。スソワキガの治療にも使用されています。1回の治療で臭いが気にならなくなりますが、特に体臭が強い人の場合には2回治療を受けることが勧められます。

もっと読む

肌の深部にできたシミ

注射器

レーザーの熱で除去

シミは、肌が刺激を受け、その部分でメラニン色素が作られることで生じます。そのためシミができる場所は、刺激を受けた場所によって決まってきます。顔が刺激を受けた場合には顔に、手が刺激を受けた場合には手にできるのです。また、ホルモンバランスの乱れで体内から肌が刺激を受けた場合には、肌の深い部分でシミができます。この、深部にできたシミを肝斑といいます。一般的にシミは、外側からの刺激によって肌の表面部分にできるので、美白化粧品などの使用で薄くなります。ところが肝斑の場合、美白化粧品の成分が届かないほど深い部分にあります。そのため消すことは難しいのですが、美容外科でのレーザー治療なら、それが可能となっています。具体的には、肌の深部にまで熱を与えるというレーザー治療ですが、その熱で肌からはメラニン色素が排出されていくのです。

除去だけでなく予防も

レーザー治療によって、正確には肌の深部で新しい細胞が生まれ、その分古い細胞が排出されるようになります。メラニン色素は細胞に沈着するので、古いものが排出されれば、一緒に除去されていくのです。しかし体内からの刺激が続く限り、再びメラニン色素が作られ、肝斑が生じることになります。そのため美容外科では、体内からの肝斑治療のために、トラネキサム酸で作られた薬も処方されています。これは、肌が刺激を受けたという信号を、メラノサイトに伝えないようにする薬です。この薬を飲んでいれば、実際には刺激を受けたとしても、その信号が伝わってこないことから、メラノサイトではメラニン色素が作られないのです。このように美容外科では、肝斑を消す治療も予防する治療もおこなわれているのです。そのため肝斑に悩む多くの人が、美容外科を受診しています。